RSS

EPubをDeepL APIを用いて機械翻訳で対訳

EPub形式の電子書籍を、翻訳精度が良いことで最近話題のDeepLのAPIを用いて機械翻訳で対訳するCLIツールを作ってみました。

https://github.com/sharplab/epub-translator

CLIツールを作るなら、折角だからとネイティブビルドが出来、起動速度が速いことが特徴のQuarkusを使っています。

このCLIツールにEPubファイルを食べさせると、上記のように、ブロック毎に原文の下に訳文を挿入した対訳形式のEPubファイルを出力します。

使用方法

事前準備

epub-translatorの実行には、Java11以降が必要です。適宜ダウンロードしてインストールして下さい。

epub-translatorは、GitHubのリリースページで配布しています。epub-translator-runner.jarというファイルをダウンロードしてください。

また、epub-translatorは設定ファイルが必要です。epub-translator-runner.jarを配置したディレクトリに、configというサブディレクトリを作成し、その中にapplication.ymlというファイルを作成し、以下のフォーマットで、DeepLのAPI鍵を記載してください(API鍵の取得には、DeepLのAPIプランの契約が必要です。オンライン翻訳のStarterプランとは別なのでご注意下さい)。

ePubTranslator:
  deepL:
    apiKey: <put your api key here>
  language:
    source: en        # default source language
    destination: ja   # default destination language

実行

以下のコマンドで実行できます。

java -jar <path-to-epub-translator-dir>/epub-translator-runner.jar --src <path-to-epub-file>

Linux用バイナリ

なお、epub-translatorはQuarkusを用いていることから、ネイティブビルドにも対応しています。 Linuxで利用できるバイナリもGitHubのリリースページでepub-translator-runnerという名前で配布しています。

WSL2環境含むLinux環境で使えますので、こちらもお試し下さい。なお、Linuxバイナリの場合は、Java11のインストールは不要です。

<path-to-epub-translator-dir>/epub-translator-runner.jar --src <path-to-epub-file>

電子書籍や、技術文書を読む助けになれば幸いです。